【薩摩川内市商工会BLOG】

薩摩川内市商工会は、海・山・川・池と自然豊かな場所にある商工会です。魅力的な地域・各地の情報や商工会事業を中心とした情報をお知らせします

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
≪甑島観光地のご紹介です≫

甑島は・・
鹿児島県薩摩半島の西方、東シナ海上約30kmのところにあります。北東から南西に、上甑島、中甑島、下甑島の3つの島が連なり、その全長は約35km。面積は約119K㎡です。上・中甑島は、下甑島に比べて山が低く、なだらかで女性的一方下甑島は山が高く、特に西海岸は切り立った断崖(鹿島断崖)が延長約16kmも連なっています。

甑島の由来・・・
古老は、太陽が海から出て海に入るこの島を古くは「五色島」とよんだと伝えるが、江戸時代の「三国名勝図会」には、「上甑の東西へ潮の通ふ海門あり、串瀬戸といふ。その内に、甑形の巨岩あり、島民是れを甑大明神(こしきだいみょうじん)と称す。甑島の名は是れに由りて得たりぞと。」とある。

kosikikannkou.jpg
①【長目の浜】 
19代薩摩藩主島津久光がその美しさに「眺めの浜」と呼んだことが名称の由来。長さが約4kmに及び玉石の海岸線が、海と池を隔てます。景観は地球が造った造形美。この浜堤によって外側は海、内側は湖に二分されており、海と湖の色が素晴らしい調和を見せています。

②【トンボロ地形】 
陸繋砂州(トンボロ)は、海底や沿岸流によって運ばれた砂や石が、波の作用によって水面上に現れたもので、一般に細長く高さは低い。里海峡の陸繋は、里の東浦を東~南東より襲う台風と、西浦の冬の西よりの季節風によって、沿岸海底の砂礫が押し上げられてできたと推測される。

③【甑大明神橋】 
上甑島と中島の間に架かる全長420メートルの橋です。架橋地点のヘタの串には、甑(セイロ)の形に似た大岩をご神体とする甑大明神が祭られており「甑島」地名の発祥地と言われています

④【鹿の子ゆり】 
7月から8月に掛けて、島のあちこちに鮮やかに咲く紅色の花々。甑島を原産地とする鹿の子百合です。この花は、戦後の食糧難には球根が人々の食料となり、また観賞用として高値で輸出され、島民の貴重な現金収入源ともなりました。

⑤【鹿島断崖】
下甑島北端西側の高さ200mの鹿島断崖には、御物瀬[ごもつせ]・人形瀬・鶴穴などさまざまな名前が付いた奇岩や大岩が点在。ここにはウミネコの営巣地があり、日本の繁殖南限地として有名。

⑥【ナポレオン岩】
下甑島の西側に広がる瀬々野浦海岸切り立つ高さ127mの奇岩。横から見るとナポレオンの顔に似ているところからナポレオン岩の別名がある。漫画『Dr.コトー診療所』にも登場。

⑦【おふくろさん歌碑】
森進一さんの母が下甑島手打の出身。石碑の前に立つと「おふくろさん」の歌が流れてきます。

⑧【瀬尾の三滝】
瀬尾川上流にある、緑に囲まれた美しい滝です。55mの高所から滝壺が出来、三段になって落ちています

他にもまだまだ観光はありますよ~
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

薩川商
  • Author: 薩川商
  • 薩摩川内市商工会ブログへようこそ!

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

☆来場者数☆

☆現在の来場者

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。