【薩摩川内市商工会BLOG】

薩摩川内市商工会は、海・山・川・池と自然豊かな場所にある商工会です。魅力的な地域・各地の情報や商工会事業を中心とした情報をお知らせします

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
≪地域資源∞全国展開プロジェクト調査研究事業≫

本日、第3回特産品開発小委員会が開催されました。
これまでの2回開催しました委員会のまとめ及び再協議です。
画像 003
結果としましては、
当委員会では本事業に向け「日本一」である「甑のきびなご」をメインの食材とすることで合意いたしました。
甑のきびなごは、春先から夏場にかけての子持ちきびなごや冬場にかけて脂が乗ったきびなごなど一年を通して食することができます。
higakibi.jpg
今後この日本一のきびなごを主として甑島の海産物を全国へ売り出だそ~・・・でした。
詳しい内容は、極秘でここまでしか話せないのですが・・・
甑島には海洋深層水があります。
甑のきびなご・海洋深層水をコラボしてみたらとの意見もありました。

そこで海洋深層水を視察してきました。
場所は手打の端にあり、竜宮の里(ホテル)を過ぎたあたりでした。
画像 004
海洋深層水ですが、
こしき海洋深層水には生命維持に必要なマグネシウム、カルシウム、カリウムが山や川由来のミネラルウォーターの数倍から数十倍と群を抜いて多く含まれています。
現代人の場合マグネシウムは、1日に300ミリグラム摂取する必要がある、とされていますが、実際には220~270ミリグラム程度しか摂取できていないようです。

会社の工業に入らせて頂きました。
海洋深層水の仕組みの図です。
画像 008
画像 009
手打湾から海洋深層水を取水しているようです。
もっとも良い取水適地
下甑の手打湾は、沖合い4kmという近距離で375mの水深から海洋深層水を取水することができるからです。
海岸平坦地から緩やかに深くなり、一定の距離で水深が深くなっている海底形状は、取水にとても良い形状です。
日本に取水適地は比較的多いですが、海岸から取水適地までの距離や海底の形状も条件があることから、どこでも取水に適しているとはいえないのです。
また、こしき島は大自然に育まれたより清浄な環境での取水が行えるので、工業地域近辺に比べ有害金属などの海底汚染の心配もないでしょう。
海洋深層水(竜宮伝説)チラシご紹介
SCAN0133-1.jpg

こしき海洋深層水㈱ホームページ
http://www.koshiki-dsw.co.jp/index.html
http://www.shokokai.or.jp/46/4621518001/index.htm
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

薩川商
  • Author: 薩川商
  • 薩摩川内市商工会ブログへようこそ!

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

☆来場者数☆

☆現在の来場者

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。